コラーゲン早わかりナビ

美容のミナモト♪

コラーゲンとは

背中

コラーゲンはたんぱく質の一種で
体内のいろいろなところに存在しています。


ヒトの体内に存在しているコラーゲンの総量は全たんぱく質の
およそ30%を占めるほど多く、ヒトにはとても重要な成分です。


またコラーゲンは体内に働くだけでなく、
化粧品や医薬品にも用いられています。


美容には欠かせないコラーゲンは、健康にも欠かすことができない成分で、間接や皮膚、筋肉、内臓、眼球、髪の毛など体のいたるところに存在するたんぱく質の一種です。細胞と細胞をつなぎとめているのがこのコラーゲンなのです。

このコラーゲンは細胞同士をつなぎとめるだけでなく、きちんと細胞組織を並べる働きもあります。実際人間の6%がコラーゲンでできており、人間の身体には欠かすことはで来ません。乾燥重量で言うと皮膚には75%、腱には85%、骨はカルシウムを除くとほとんどがコラーゲンなのです。人間の身体の60%は水分なのでコラーゲンが身体を構成する割合というのは非常に高いことがわかります。

また、コラーゲンは25歳をピークに減少してしまいます。コラーゲンの減少=老化と言ってもいいでしょう。コラーゲンが不足すると細胞同士の結合力が弱まり、たるみやしわといった現象が起こります。また、細胞同士を整然と並べることができなくなるので、皮膚のきめが悪くなってしまうのです。

それらを解消するにはコラーゲンを摂取して補充する必要があります。コラーゲンを補充してあげることでこれらの老化を抑えることができます。このことからコラーゲンがアンチエイジングや美容によいといわれる理由なのです。料理では、アスピックなどのゼリー、煮凝りなどへ利用されるゼラチンの原料はコラーゲンです。




sponsored link

sponsored link