コラーゲンと美肌

美容のミナモト♪



コラーゲンと美肌

コラーゲン美肌に効果があります。コラーゲンは肌を覆う表皮の下にある真皮を構成するたんぱく質です。

コラーゲンは真皮の中で繊維の束が縦横にからみ合い、網目のような組織を作っています。この網目構造が皮膚に弾力性と伸縮性をもたせ、力が加わっても元の状態に戻ることができるのです。

このコラーゲンがびっしりと詰まった肌は弾力に富み、いわゆる”張り”のある若々しい肌ということになります。コラーゲンはお肌のハリを保ち、シワを防ぐため、美肌成分とも言われています。

コラーゲンは人の体内で作られる成分ですが、加齢と共に減少していき、また紫外線や喫煙によるダメージで劣化し効果を失います。

目尻や口元のシワは、弾力性がなくなった皮膚によるたるみが原因です。老化によるコラーゲンの減少の影響は肌の弾力性が無くなる他に、血管の弾力が無くなり高血圧や動脈硬化を起こしやすくなり、関節の軟骨が磨り減り骨と骨がぶつかる事による関節痛になります。

コラーゲンは血管の伸縮や軟骨の構成、骨に弾力を与える効果などもあります。目の水晶体の成分にもコラーゲンが含まれているため、コラーゲンが不足をすると老眼や老人性の白内障になり可能性があります。

身体の健康のためと、張りのある美肌を維持するためにはコラーゲンを外部から補給しなければいけません。コラーゲンコラーゲンを食べるだけではなく、コラーゲンの再合成に必要なビタミンCや鉄、酸素を摂る必要があります。

また、女性ホルモンのエストロゲンもコラーゲンを維持するのに必要です。生理不順や無理なダイエットによるエストロゲンの低下は、美肌の天敵と言えるでしょう。紫外線のダメージでもコラーゲンが減るので、季節に応じたスキンケアも必要です。そして喫煙やストレスによりビタミンCは消費されるので、過度のストレスや喫煙を避けましょう。




sponsored link

sponsored link