コラーゲンペプチド

美容のミナモト♪



コラーゲンペプチド

ペプチドとはたんぱく質がアミノ酸になる直前の代謝物質のことです。

コラーゲンをはじめとしたたんぱく質は食事で摂取しても消化吸収するのに時間がかかる上にすべてを吸収することはできません。しかし、このペプチドはたんぱく質を消化状態にしたものでほぼ100%吸収できます。ゼラチンを酵素によって分解し低分子化したものがコラーゲンペプチドなのです。

コラーゲンペプチドの特徴としては、水に溶けやすく粘性が低い、吸収率が高いことが上げられます。一般的にコラーゲン配合の食品などはこのコラーゲンペプチドを配合しているので吸収率は高いのです。また、コラーゲンペプチドには様々な効果があります。

粘膜を保護するため胃潰瘍などの出血を抑える働きや、痛みの軽減効果、血圧の上昇を防いだり、骨の形成の手助け、関節の軟骨の生成と動きの改善、真皮層に働きかけて潤いを保ちお肌の状態を整えてくれるのです。また、ゼラチンやコラーゲンは粘性が高く温度が低いとゼリー状に固まってしまいましたが、コラーゲンペプチドの粘性の低さから今まで活用できなかったコラーゲン飲料が実現したのです。

他にも健康食品や化粧水などにコラーゲンペプチドが応用されています。




sponsored link

sponsored link