コラーゲン注入

美容のミナモト♪



コラーゲン注入

コラーゲン注入法とは、目尻などのシワやタルミなどを目立たせなくするフェイスリストの一種で、コラーゲンを皮下に注入してシワを盛り上げて綺麗に平坦にし、シワを消す方法です。

コラーゲンは身体を作る重要なたんぱく質です。真皮(表皮の下の皮膚)の約70%はコラーゲンで出来ています。

コラーゲンは加齢や紫外線などの悪影響で年々減少し、そのため余った表皮がシワやタルミとして現れます。

コラーゲン注入法は、直接シワやタルミのある部位に注射をして行います。コラーゲン注入する回数は、人や症状によって変わりますが、大体は2~3回くらいの注入ですむ場合が多いようです。

このようにコラーゲン注入は手術ではないので、簡単に受けることが出来るプチ整形として人気があります。

コラーゲン注入の効果は永続ではなく、注入してから半年から1年でコラーゲンが体内に吸収されてしまいます。シワやタルミを消す効果を持続させるためには定期的にコラーゲン注入を行わなければいけません。そのためコラーゲン注入を受ける場合はアフターケアの整ったクリニックを選ぶのが良いでしょう。ただし、人によってはコラーゲン注入することで、シワが出来難い肌質に改善することもあるそうです。

コラーゲン注入に使用されるコラーゲンは牛から採取したウシコラーゲン(ザイダーム)が主流でしたが、今は豚由来のブタコラーゲン(エボレンス)が注目されています。

エボレンスは、グライマトリックス構造という特殊な架橋構造技術が用いられており、従来のウシコラーゲン製剤よりも格段に注入後の吸収時間が永くなっています。ウシコラーゲンは半年から1年ほどで体内へ吸収されてしまいますが、ブタコラーゲンのエボレンスは最低でも1年、長ければ2年以上効果が持続するそうです。




sponsored link

sponsored link