コラーゲンの副作用

美容のミナモト♪



コラーゲンに副作用ってあるの?

口に入れる物だから、コラーゲンに副作用があるのか気になる方もいらっしゃるかと思います。コラーゲンはたんぱく質の一種で、牛や豚、魚などに含まれている天然の成分です。お肉や魚などの食事をとると、自然とコラーゲンを摂取していることになります。ほとんどの方が毎日摂取していることになるでしょうね。

結論から言いますと、コラーゲン自体に副作用はありません。ただし、豚肉アレルギーなどの肉アレルギーの方がコラーゲンをとると、アレルギー反応が出る可能性があります。また一時期問題になった牛肉のBSEですが、今ではコラーゲンの原材料に牛肉は使われていませんので、気にする必要はないでしょう。魚の鱗などを利用した魚由来のコラーゲンを使用した製品も多くあるので、気になる方はコラーゲンの原材料を調べてから購入すれば大丈夫です。



ヒアルロン酸には副作用があった?

潤い成分としてコラーゲンと双璧をなすヒアルロン酸ですが、実はヒアルロン酸に副作用があった時期がありました。「ヒアルロン酸もコラーゲンと同じ天然の成分なのにどうして?」と思う方もいるでしょう。

昔は精製度が低い粗悪なヒアルロン酸が出回っていたことがありました。そのようなヒアルロン酸には、ヒアルロン酸以外の成分も含まれ、アレルギー物質の毒性を劇的に強めるアレルギー誘発物質としての傾向があり問題になっていました。

ヒアルロン酸を経口摂取ではなく、体内にヒアルロン酸注射して補う場合でも、徐々に吸収されるので粗悪なヒアルロン酸は問題になっていました。

今では出回っているヒアルロン酸は精製度が高く高純度なのでこのようなことはありません。それでも気になる方は、信頼性の高い会社のヒアルロン酸サプリを選びましょう。

ヒアルロン酸ではなくコラーゲンの場合は、吸収率を高め、無臭を実現するために高純度が売りな製品がたくさん出回っています。ヒアルロン酸ではありませんが、コラーゲンもこのような製品を選べば安心ですね。




sponsored link

sponsored link